活動報告

シーティング勉強会 第二回基礎研修

 第二回基礎研修 〜マット評価・座位評価を行いました。今回の勉強会ではマット・座位評価の方法から患者様の身体に合わせた車椅子の選定や調整時の目安となるように行いました。

 緊急事態中でもあり、なかなか実技練習とはいきませんが、日々の介入に役立てていきましょう。

2021年9月1日 ハンドアクティビティチーム勉強会

2021年9月1日ハンドアクティビティチーム勉強会は、上肢に問題はないが「ふとん」に「ふとんカバー」をうまくかけられない高次脳機能障害の患者に対してどのような介入が有効か?についてディスカッションしました。

はじめにニューヨーク大学ラスク研究所の神経心理ピラミッドモデルについて学び、次に構成障害、注意障害、記憶障害などの高次脳機能障害を有する患者に対して「ふとんとふとんカバーを用いた評価や治療」といった条件でディスカッションしていきました。ディスカッションでは、

①「ふとん」や「ふとんカバー」が広がっていない状況では目視で縦と横の長さが分かりにくいため、広げたふとんの上でふとんカバーをあてがい確認するといった、視覚の情報量を増やして反応を見ていくのはどうか。

➁ふとんの角の到達点を理解しているのかを確認するため、ふとんカバーの角に手を入れて角をつかめるか確認してみる、ふとんカバーの四隅にお手玉などを入れて反応をみるのはどうか。ふとんやふとんカバーの角に目印をつけて記憶や構成課題の難易度を下げてみてはどうか。

③枕、クッション、衣服、子供用のふとんなど操作する対象を変え、立体的な認識について確認してみるのはどうか。

④ふとんカバーかけは難易度が高く、悪戦苦闘する中で神経心理ピラミッドの最上段の気付きに繋げ、代償手段の開発や訓練のモチベーションアップに活かせるのでは。

⑤ふとんやふとんカバーをたたむなかで、対象物の質量中心や張りなどを知覚しさせ対象物の操作を自動化させることで、構成などの高次脳機能が発揮されやすくなるのではないか。

などの意見がありました。様々なセラピストの意見を聞くことで視野が広がり、治療のアイデアが増え、とてもいい勉強になりました。

認知症ケアチーム勉強会(全4回)

認知症についての基礎知識の講義と、チームとして過去に取り組んだ症例発表を第1~3回では行いました。

準備する側としても、自身の知識の再確認となったり、過去の症例を改めて見つめ直す機会となったりで、貴重な機会となりました。

予想以上に様々な質問や意見が出たりで、臨床での認知症への対応に関しては、それぞれ悩まれているのだと感じました。

第4回は、1つのケースをその場で全員で評価してみよう、という参加体験型で行いました。

認知症の評価はなかなか捉え処が難しいのですが、少しでも今後、評価の際の手がかりして頂けたら嬉しいです。

今後、認知症ケアはますますその重要性が増すことが見込まれます。

引き続き、正面から取り組んでいきたいと思います。

IMG_20210624_184951

1624534246382

MMSE.HDS-R勉強会

6/2、認知症のスクリーニング検査である、MMSE とHDS-R についての勉強会を実施しました。

日常的に業務で行っている検査ですが、講師が自分なりに工夫している「コツ」や、実際の実施時に配慮が必要な部分の指摘等、非常に臨床的な内容となりました。

細かい解釈の考え方を参加者でやりとりできたことも、いい機会になったと思います。

現状での問題点が明らかになった部分もあり、この点に関しては今後、認知症ケアチームとして取り組んでいくこととなりました。

1624532294075

シーティング勉強会〜総論〜 2021年6月

BE7A8848-374A-4F9B-91F4-E2B013E0DE0F

シーティング勉強会の総論編を行いました。今回は新入職や若手リハビリスタッフを対象に11名の参加がありました。

 シーティングとは何か、どんな事を気をつけていけばよいのかなど、基礎の勉強会でした。車椅子に患者様を合わせるのでなく、患者様に最適な車椅子に乗っていただきたいですね。

シーティングチーム活動報告2021.3 モルテン主催勉強会

 

1616469306593

モルテンさんから病院・施設用車椅子、Wheelyの勉強会を行ってもらいました。シンプルなデザインであり、使用している素材により清掃がしやすいと思われます。患者様の姿勢に合わせることが可能ですが、座高の調整はできず、サイズのバリエーションも少ないため、特定の体格の患者様への使用が想定されるかと思います。勉強会の際に、シーティングチームで情報共有できるようにメンバーが集まり、操作方法を教えて頂きました。

チームの皆で、患者様に使用していきたいと思います。

装具チーム ウォークエイドのデモ

20210417_200539

1ヶ月間、ウォークエイドのデモが開始となりました。

歩行時の振り出しで足関節背屈を前脛骨筋の電気刺激によりアシストする機械です。

セラピストが設定することで下腿の傾きを感知し、設定したタイミングで自動的に前脛骨筋の電気刺激をすることができます。

呼吸ケアチーム勉強会

2回目の呼吸ケアチーム勉強会を開催しました。

「酸塩基平衡の理解と呼吸不全の病態を把握する」をテーマに開催しました。

『ぐるぐるストレッチ』のモニターを開始

家具メーカーの「パロン」(静岡市駿河区)と浜松医科大学が連携し、開発した上肢のリハビリテーション器機『ぐるぐるストレッチ』のモニターを開始しました。

使用時の手応えや患者様の感想などを聴取できればと思います。

20210108_13245220210108_132343